読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の価値を決める要因は、素材

着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立て、振袖や訪問着などの種類と、実に多様です。

そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば産地がその名につくブランド品です。

たとえば大島紬、本場黄八丈のような昔から着物好きな方に愛されてきた有名ブランドであればファンが多いので、高く買い取ってもらえることが多いようです。

着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはどこの業者の買い取りでも求められます。

仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、もし売却を考えているなら、価値相応の価格で買い取ってもらうためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。

たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良い買取業者を見つけたら、複数のところに査定してもらい、比べると目安になると思います。

買取値や査定理由が明確なところを選ぶと気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。

私は和服が好きですが、最近になって着物買取専門店の広告がよく目につきます。

箪笥にしまいっきりにしておくと、きちんと管理しているつもりでも、劣化は避けられないので着物本来の値打ちが下がってしまいます。

大事に保管してきたものは専門店ならではの高額査定がつくこともあるので、早めに連絡して、買い取ってもらうと良いでしょう。

要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。

流行り廃りのない紬の着物などは、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、どんな種類でも買い取ってくれるようです。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

それ以外には、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども幅広く扱う業者が多いです。

自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうときできるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは反物を買ったときか、仕立てたときについてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

リサイクルショップに家電を売るときと同じく、生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それがブランド品であればなおさら、あるかないかで買取価格はかなり違うと考えてください。

一部でもとってあれば必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。