読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

自分の着物を手放したい、業者に買い取ってもらお

自分の着物を手放したい、業者に買い取ってもらおうと思えば、終始気にするのが買取価格に納得できるかどうかではないでしょうか。

相場があるのか、疑問に思うでしょうが、実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第でその一枚の買取価格が決まります。

着物の価値をよくわかっている鑑定士に査定してもらうのがベストです。

どこでも、査定は無料で行っていますから、電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。

日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。

買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは産地の名を冠するブランドものです。

大島紬の他、本場黄八丈など昔から着物好きな方に愛されてきた有名ブランドであればファンが多いので、高く買い取ってもらえることが多いようです。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはどこの業者の買い取りでも求められます。

もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですが買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、どのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか自分で調べる余裕もなくずいぶん長い間放っておいたのです。

近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店も結構あると聞いています。

ネットなどで口コミや評価を調べ、細かいところまでサービスを調べてがんばって見つけたいです。

さほど重さが気にならないのであれば、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。

自宅に上げる必要がないので、査定額に納得がいかない場合は、買い取りを断ることも簡単です。

直接会って話すわけですから、価格交渉もでき、1枚だけ持ち帰るなんてこともできます。

それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、見込みのありそうなお店に家に来てもらえば良いのです。

着物をまとめて整理したいのだけど、アテがなくて困っている人は少なくないでしょう。

ただ、近頃また和服ブームで、専門買取業者が増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。

思い出のある大切な着物でも、どこかで誰かが活用してくれると思うと嬉しいですね。

無料査定のところも多く、出張・宅配査定もできて、持込の手間が要りません。

紬や訪問着など案外、高額査定が受けられる可能性もあります。