着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった、でも捨てるには惜しい着

着なくなった、でも捨てるには惜しい着物が、高値で売れれば片付けもでき、お金にもなってありがたいですよね。

状態が良く新品に近いものは、高値がつくケースも珍しくありません。

そして流行の柄、上質の素材、仕立てが良いなど付加価値があると思いがけない高値で売れることもあります。

反物も一反あれば多くは着物と同じ扱いで買取可能です。

反物のままでも遠慮なく査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。

着ない和服を買取に出そうと考えている人でも、量が多かったり、お店が遠いときには、持ち込むだけで疲れてしまいますね。

困ったときは、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。

電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。

業者が個々に定める分量に足りない場合は来てもらえないこともあるので、事前連絡の際に相談しましょう。

どんなものの買取でもそうですが、皆さん買取業者を決めるときに何を基準にすればいいか、わからないことです。

インターネットであっという間に業者を見つけ、全国の業者と取引できるので迷うのが当然だと思います。

多くの古着屋で着物の買取も行っていますが、価値があると思う着物なら、着物の専門店に持って行く方がいいでしょう。

専門店なら、着物や反物に関する知識が豊富な鑑定士の査定を受けられるので、不当に低く見積もられることは少ないでしょう。

着物など値の張るものを買取に出す際、気になるのはやはり価格ですよね。

相場があれば知りたいというのも当然です。

しかし中古品といっても和服の場合は、状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、単純にはいきません。

たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。

和服専門の査定士がいるお店に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。

質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは扱うところとそうでないところがあるので、持参する前にあらかじめ確認するのが良いと思います。

もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、価値を判断した上で買い取ってもらえるので、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。

近所に心当たりがないときは、ネットで調べるといくらでも見つかると思います。