読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取業者というのをご存知でしょうか。最近、苦情も多

着物買取業者というのをご存知でしょうか。

最近、苦情も多くなっているので、査定依頼するときは注意しましょう。

たとえば、買取前の出張見積りを依頼したところ、アポ無しで来て、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあって、たしか新聞にも載りました。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

警察に古物商の届出を出しているような業者なら、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。

着なくなった着物の処分は難しく、困っている方も時々見かけます。

着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、買い取りのルートがわかれば、ぜひ売りたいですよね。

着物の買取専門店は何軒もありますが、友禅市場をご存知でしょうか。

全国から買取をしています。

査定料がかからないことはもちろんですが、送料も無料です。

見積りだけの利用もできます。

この着物に、どれだけの価値があるかと思っている方はこの店のホームページをのぞいてみてください。

不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。

思ったより使い勝手は良いようで、着物が傷まないよう、自宅まで取りに来る業者や箱を送ってくれ、それに詰めて返送すれば査定してくれる業者も選べるくらいありました。

自分に合った買取方法を調べると、着物の枚数は少ないので近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、買取を一気に終えられるようにしたいと思います。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、それに合った小物類、帯締め帯揚げなども一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

これは下着と考えられるため一度でも着たものは買い手がつきません。

それでも買い取る可能性があるのは未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば業者によっては買い取りの可能性があります。

まずは査定にかけることをすすめます。

タンスの奥で長いこと眠っている着物の管理に悩んでいませんか。

着物は着るべき時に着るもので、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。

振袖は特に、袖の長さの分だけ他の着物より格段に手がかかります。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、いっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。

生地や色柄、仕立てがいいものなら、新しいものほど、また手入れのいいものほど高値がつきます。