着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった和服を買取に出そうと思

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

きれいで新しめの品物のほうが価格は高くなるらしく、逆に退色やシミがあったりすると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、価格がつかない(引き取らない)こともあるのだそうです。

シミは業者側がきれいにすることもあるとか。

きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、とりあえず買取査定に出してみようと思います。

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのか自分で調べる余裕もなく結局処分に踏み切れませんでした。

この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も手軽に利用できるようです。

ネットなどで口コミや評価を調べ、自分のニーズに合った業者をじっくり探していきます。

自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方も案外身近にいるものです。

それでは、売れやすい着物は何なのかと手持ちの着物を見ながら考えてしまう方もいるでしょうが、需要が多いのは何といっても訪問着です。

訪問着は流行に左右されにくく、長い年月にわたって着ることができ、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。

着ることがない訪問着をお持ちの方、査定だけでも受けてみることをおすすめします。

着る人のいない和服を処分するとき、一番気になるのは買取価格でしょう。

だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。

ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、ひと括りにできないところがあります。

例えば同じ種類・状態の着物なら、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。

和服専門の査定士を置く業者さんに値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。

着なくなって久しい着物を処分するのに困っている人は少なくないでしょう。

ただ、近頃また和服ブームで、専門買取業者が多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。

大事に保管してきた着物でも、再び人の目に触れ、喜ばれるのは嬉しいものです。

ほとんどの業者さんは無料で査定しますし、出張・宅配査定もできて、持込の手間が要りません。

それに、丁寧に保管していたものは意外と高額査定が受けられる可能性もあります。