着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母の遺品を少しずつ整理して

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。

買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると電話もしくはメール一本で無料で梱包する業者もあることに驚きました。

整理して箱詰めするのも大変な量で、とうてい自分ではお店まで運べないと泣きそうになっていたので、とても嬉しいサービスでした。

着物の買取の話を聞いて興味を持ち、業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。

着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、自宅で出張査定を行う業者や着物に合った箱を送ってくれ、宅配で送ると無料査定までしてくれる業者も複数あるようです。

私にとって一番良い方法は何かと思いましたが持ち込みができないほど大量でもなく車で行ける距離にお店があるので、持って行って査定してもらい、お金の受け取りまで一度で終わらせたいと思っています。

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、私の実家には多く保管されています。

中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、そんな着物でも値段はつきました。

訊ねてみたら、最近の中古品は、ある程度のシミであれば、業者に染み抜きの専門家がいるので、買い取ることが増えているのだそうです。

といっても、シミがあれば買取額には響きます。

着物買取の査定を受けるときに証紙を一緒に見せられるようにしてください。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで決められた基準を満たすことについて公に証明している登録商標だと考えてください。

もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方や言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、なんとか探し出してください。

タンスの奥には何枚も着物がしまわれていて、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、この着物を一番高く買い取ってくれるのはどこか周りに着物を売った人もいなかったので結局処分に踏み切れませんでした。

店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店も全国に増えているようで、ネットなどで口コミや評価を調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところをがんばって見つけたいです。