着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

振袖を仕立て、着るのは人生でも大事な場

振袖を仕立て、着るのは人生でも大事な場面ばかりです。

ということは、そうそう何度も着られるものではありません。

もう着ないという決断ができれば、売却を考えるのも自分にも、次に着る人にも良いことでしょう。

参考までに、価格は品質と現状をみられて数千円になる場合もあり、保管が良く、ものも良ければ数万円で売れる可能性があります。

どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。

相談や査定は多くの業者が無料で行っています。

何軒かで調べ、納得できたときに手放せれば、一番いいと思います。

私は和服が好きですが、最近になって着物買取専門店の広告をよく目にするようになりました。

箪笥の肥やし状態で放っておくと、防虫剤等をいれていても、わずかに残った皮脂汚れでシミが浮いたりして思い入れとは裏腹に、価値が落ちてしまいます。

品質が良い着物は、新しいほど意外な高値になる場合もあるので、思い切って早めに買い取りしてもらうことが肝心です。

そんなに嵩張るわけでないなら、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。

自分で持ってきたのなら、査定額がいまいちだったりしても、断って別の店を探すこともできます。

それに、直接顔を合わせることで、査定額の詳細を聞けば交渉もできるでしょう。

それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、持ち込みで2、3着みてもらって、信頼できそうな業者さんに出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど売れなかったらどうなるのかな。

という声をよく聞きます。

着物は着る人の年齢や着る場面によって、多くの種類に分かれています。

そして素材や技法によっても買取価格は大きく変わるので買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。

ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。

現代の有名作家の作品なら、裄丈など、サイズが大きめに作られているのでぜひ買い取りたい品だからです。

着物の買取の話を聞いて興味を持ち、業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。

思ったより使い勝手は良いようで、着物が傷まないよう、自宅まで取りに来る業者や着物に合った箱を送ってくれ、宅配で送ると無料査定までしてくれる業者もごく当たり前になっているようです。

私の場合はどうしようと思いましたが買取に出す枚数を考えると近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、その場で買取が終われば一番楽だと考えています。