着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

大掃除やお節句の時期になるたびに、箪笥で眠っ

大掃除やお節句の時期になるたびに、箪笥で眠っている着物類を然るべき所に処分したいと思いはするのですが、祖母や母の思い出があるしと、ついに処分できずじまいでした。

先日ウェブ広告で着物買取業者というのがあるのを知り、数が多いのにはビックリしましたよ。

流行りみたいで。

以前近所の古着屋さんに打診したときよりずっと高額で、着物の買取を専門にしている業者さんというのは着物の価値がわかるのだなと感じました。

今度きちんと整理して、査定依頼しようと思っています。

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうときできるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは多くの着物についてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、品質を示すためにこうしたものがあるわけで、言うまでもなく、その有無によって買取価格はかなり違うと考えてください。

残っている限りのものを着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。

着物のブランドはたくさんありますが、買取で常に価値があるのは織り、染めなどが有名な産地の品です。

代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名な産地の着物は古くても価値があるので高く買い取ってもらえることが多いようです。

着物の状態がいいことは前提条件で、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはどの着物でも変わりません。

古い和服を処分すると言ったら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。

きれいで新しめの品物のほうが良い値段がつき、逆に退色やシミがあったりすると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、価格がつかない(引き取らない)こともあるみたいです。

値段がつかないというものはさすがになさそうだし、とりあえず買取査定に出してみようと思います。

着なくなった着物でも、処分する際に気になるのはやはり価格ですよね。

貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。

ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、単純にはいきません。

姉妹で同じ着物を売ったとしても、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。

着物の価値のわかる査定員のいる業者に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。