着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

いざ着物の買取をしてもらおうと思っても、気

いざ着物の買取をしてもらおうと思っても、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、近所に店舗がなかったりすると、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

それなら、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。

電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。

業者が個々に定める分量に足りない場合は受け付けないこともあるので、あらかじめ電話で確認しておくと良いですね。

全く袖を通したことがない着物でも、無条件で付加価値がつくとは限りません。

どんな生地、色柄も、経年劣化は多少なりともあるので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。

保管状態が良く、未使用でもう着ないなどの着物があれば幸い、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。

振袖は正装であり、着るのは重要な節目の時だと思いますが、そうそう何度も着られるものではありません。

着る時期を過ぎ、譲るあてもなければ、買い取ってもらってお金に換えるのも大事な着物を有効活用する道です。

ではいくらで売れるかというと、安ければ数千円のこともありますが、生地と仕立てが良く、良い状態で保管されていれば数万円になることもあります。

どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。

相談や査定は多くの業者が無料で行っています。

何軒かの業者にあたり、自分の気持ちに区切りがついたところで手放すのがいいでしょう。

私は和服が好きですが、最近になって着物買取専門店の広告をよく見かけるようになりました。

箪笥の肥やし状態で放っておくと、きちんと管理しているつもりでも、わずかに残った皮脂汚れでシミが浮いたりして価値が下がってしまうのです。

品質が良い着物は、新しいほどリサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、なるべく早めに査定依頼して、買い取ってもらうと良いでしょう。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、帯に合った帯締め帯揚げなど小物も併せて買取可能です。

それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。

襦袢は下着の位置づけなので着用済みだとほとんど売れないからです。

例外もいくつかあります。

たとえば未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであればうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。