読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

大切な着物を処分するときは、元の価格を

大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、きちんとした専門業者さんに依頼しないと、大損なんてことになりかねません。

よくトラブルで耳にするのは、安値買取のゴリ押しでしょう。

それと、訪問査定で家に居座られて断れなかったなどがあります。

最初にウェブ上で業者の評判をチェックし、吟味した上で査定を依頼し、また、中身の写真を撮っておくというのも良いかもしれません。

発送伝票も大切に保存しておいてください。

信頼できる着物買取業者を探しているなら、テレビCMでもおなじみの「スピード買取.jp」は、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。

専用の無料ダイヤルで電話代を気にせず問合せ・相談できますし、年中無休で受け付けているので、思いついたときにすぐ相談できるのが嬉しいところです。

(携帯・スマホ可)査定は無料で、持込・出張・宅配便の3種類から選べるので、顧客満足度が高いというのもナルホドと思いました。

成人式の振袖と言えば、誰でもそれにまつわる思い出や、思い入れも当然あって、処分する気は全くない人が多くて当たり前ですが、手入れも大変なので、保管に困るくらいだったら次に着てくれる人に譲ればこれからの自分のためかもしれません。

保管状態によりますが、生地や色柄が良ければ意外な価格で買い取ってもらえるようです。

タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。

和服の買取というと、宅配便を利用するのが最近では多いようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、思い切って処分することにしました。

紬や絣など高価な着物も多いので、信頼のおける専門店にお願いしたいと思っています。

古着売買には古物商の届出が要るため、先に確認してから問い合わせしてみようと思います。

最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、依頼する側でも注意が必要かもしれません。

トラブル例を挙げると、着物の出張査定を頼んだだけなのに、いきなり連絡もなく家に来て、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあります。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

古物商の届出が出ている業者は、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。