着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母が遺した着物があったので手放すことになり、買取

祖母が遺した着物があったので手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。

今後、私たちが着物を着る機会は少なく誰も着ないのにとっておくのも着物にとっていいことではないだろうし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。

一点で高値がつくようなものはなく、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、お店に持ち込むのと、出張査定を頼むのとでは何とか高く売りたいと思う方は、お店に行けるなら、ぜひ持って行ってください。

思ったよりも安い査定額だった場合、出張よりは断りやすいと考えられます。

お店が遠いなど、持ち込みができない場合、出張でも無料査定を行い査定後の買取中止も無料でできるときちんと明記しているか、調べてください。

着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらず着物に付随した小物、たとえば帯締め帯揚げなど買い取りもできるので、聞いてみましょう。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

襦袢は和装の下着だとみられているため着用済みだとほとんど売れないからです。

それでも買い取る可能性があるのは正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

まずは査定にかけることをすすめます。

文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、かさばる着物をお店に運ぶのも大変だしどのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか周りに着物を売った人もいなかったので実にもったいないことをしていました。

この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も増えてきているそうでいいお店をランキングサイトで調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところをがんばって見つけたいです。

着ない和服を買取に出そうと考えている人でも、量が多かったり、わざわざ遠くの店舗まで行かなければいけないときは、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

どうしようかなと迷ったら、出張買取サービスを利用してはいかがでしょう。

電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。

業者が個々に定める分量に足りない場合は宅配便を利用した買取を勧められることもありますから、先に電話で確かめておくと安心でしょう。