着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

初めてのお宮参りで、着物を新調しま

初めてのお宮参りで、着物を新調しました。

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。

一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。

晴れの席に着る着物なので、上質の素材で柄もきれいな着物を買いました。

保管もそれなりに大変なのは承知しています。

桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、横長のタンスを置く場所はありません。

この先、七五三で着れば良しとして黙って手放してしまおうと思うこの頃です。

質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物については、扱うところとそうでないところがあるので、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで聞いたほうが無駄足にならずに済むでしょう。

もし高く買い取ってほしければ、中古着物専門業者に依頼したほうが、高値で買い取ってくれますから、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。

どこにあるか知らなくても、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。

不要になった和服などがあれば、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

愛好者の多い紬などは、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、種類を問わず買い入れてくれます。

専門店なので買取額も高めなのが良いですね。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども買取対象です。

また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、この着物を一番高く買い取ってくれるのはどこかさっぱり見当もつかず、実にもったいないことをしていました。

最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが増えてきているそうで業者間の差もあるようなので細かいところまでサービスを調べて家族で検討しています。

衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物をどうにか処分したいとは思うのですが、形見分けで思い入れもあるため、ついに処分できずじまいでした。

ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、びっくりしました。

状態次第では高額になるみたいですし、着物の買取を専門にしている業者さんというのは着物の価値をきちんと把握してくれるところが気に入りました。

とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。