読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

リサイクルブームがひとつの契機となって、着

リサイクルブームがひとつの契機となって、着物買取を専門にするところが増えてきているようです。

インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、もっとも気をつけるべきなのは、普通の買取業者を装って、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった違法行為を行ってトラブルになっている業者もあるということで、評判の確認だけはしておくべきでしょう。

着物が未使用でさえあれば、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

袖を通したことはなくても、保管している間に経年劣化して、状態は確実に悪くなっていきます。

何回着たかは絶対的な価値ではありません。

査定したときの状態が悪ければ価値はありません。

もし、未使用で今後着る予定がないと思う着物は買い取りに回しましょう。

買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。

タンスの中で休眠状態の着物に困っていませんか?着物は着るべき時に着るもので、虫干しだけでも結構な仕事なのは確かです。

振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため他の着物より格段に手がかかります。

今後着ることがなく、受け継ぐ人もいない着物があれば専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。

仕立てなどがいいものであれば良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、帯締め帯揚げといった小物もセットで売ることもできます。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであればうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は除外して考えたほうが良いかもしれません。

一度に大量に査定してもらうのならその一部として値がつくこともありますが、喪服は買い取らないのが普通です。

年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、着る機会が限られる喪服の需要は少ないからです。

それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、あまり多くはありませんが、喪服を買う業者さんもないわけではないので、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。