着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

昔の着物をどうしよう、と頭を抱えてい

昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方はこれから増えていくでしょう。

高価な着物を捨てるのは気が引けますし、買い取りのルートがわかれば、ぜひ売りたいですよね。

実際、着物の買取を扱っている業者は数多いのですが、まずは友禅市場に問い合わせてください。

査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。

見積りだけの利用もできます。

着物の処分を考えている方、まずは試しで買取先の候補にしてはいかがでしょうか。

着物の宅配買取もよく行われていますが送るときには、最後まで気を遣ってください。

着物の価値の一部にもなっている、切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。

家電などの買取経験があればおわかりの通り、これらは品質の保証になるもので言うまでもなく、その有無によって査定には大きな影響が出ますので着物の一部と考えて一緒に送るのが、かなり大きなポイントです。

高価な着物は持っているだけで優雅な気分になれるものですがお手入れするのは結構負担ですよね。

虫干しは定期的に行い、畳むときには和紙を入れ替え桐箪笥に戻してまた保管などと念を入れた手入れが必要です。

そこで提案ですが、もしも着ない着物やサイズが合わない着物があれば業者に買い取ってもらうという手があります。

着ない着物を生かすことにもなりますしお手入れもその分だけ楽になります。

子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。

一度しか着ないものだし、レンタルでもいいかと思いましたが、周りからの、着物を買うのが当たり前というプレッシャーには勝てませんでした。

ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。

自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだので保管も手がかかるのはよくわかっています。

桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、横長のタンスを置く場所はありません。

この先、七五三で着れば良しとしてその後、着物の買い取りに出そうとひそかに考えています。

不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、ネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、自宅で出張査定を行う業者や箱を送ってくれ、それに詰めて返送すれば査定してくれる業者もごく当たり前になっているようです。

自分の場合を考えると着物の枚数は少ないので近所に専門店があることがわかったので、直接持ちこんでその場で買取が終われば一番楽だと考えています。