読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の宅配買取は、多くの業者

着物の宅配買取は、多くの業者が無料で行っていますができるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは反物を買ったときか、仕立てたときについてくる反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、これらは品質の保証になるもので高級品であるほど、あるかないかによって査定結果が明らかに違ってきます。

一部でもとってあれば送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他帯締め帯揚げといった小物もセットで売ることもできます。

それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。

襦袢は下着の位置づけなので一度でも着たものは買い手がつきません。

襦袢を買い取ってもらえる例として、未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

要らなくなった着物を処分するとき、引取り額がわからないと不安になりますね。

だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。

ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。

姉妹で同じ着物を売ったとしても、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。

価値をきちんと鑑定するのが専門店ですから、そういうところに見てもらうのが高値売却のコツだと思います。

着物の価値を評価してもらうためにぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、一定の基準を満たした製品であることを証明するために発行している登録商標のことなのです。

この証紙を捨てる方や探しても見当たらないという方もいるようですが、あれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、探して査定のときに持って行ってください。

不要になった和服。

もしリフォームするのでなければ、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。

振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、郡上紬や久米島といった通好みの品も、きちんと査定して買い取ってくれます。

リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。

紬だけでなく、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども買取対象です。

自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。