読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母が遺した着物があったので着物買

祖母が遺した着物があったので着物買取専門のお店に持って行きました。

祖母の形見ですが、着る人もなくただタンスの奥で眠らせておいても着物がかわいそうだし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたがいわゆる作家ものの着物はなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

古い和服を処分すると言ったら、友人が買取の概要を教えてくれました。

やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが高額査定がつきやすく、汚れや傷みがあると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、買い取ってくれなかったりすることもあるみたいです。

私のは比較的新しいし殆ど着ていないので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。

売りたい着物があれば、そこで重要なポイントになると思われるのは買取価格に納得できるかどうかということでしょう。

果たして相場があるのか?と思うでしょうが相場はないというべきで、素材も、仕立ても、状態も、サイズも問題になるので買取価格が個々に決まります。

着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。

査定は無料で行うのが当たり前になっているので遠慮せずに、近くのお店に電話してみましょう。

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、依頼する側でも注意が必要かもしれません。

私が最近聞いた例では、出張査定(買取)を頼んだら、その日のうちに急に家に訪れて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあります。

スティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。

きちんとした古物取扱商であれば、家に押しかけて居座るようなことはしません。

ご自宅に古い着物があり、処分したいと思う方は多いでしょうし、今後増えるでしょう。

着る機会はないし、捨てるのもどうかと思いますし、まだ着てくれる人がいて、お金になるなら売りたいところです。

さて、着物の買取専門店で実績のあるところはいくつかありますが、友禅市場を候補の一つにしてみてください。

全国どこからでも送料無料、査定料もかからないのです。

査定だけで、結果を見て売らないこともありです。

着物の処分を考えている方、まずは試しでここの買い取りシステムを参考にしてください。