着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなって久しい着物を処分するのに困っ

着なくなって久しい着物を処分するのに困っている人は少なくないでしょう。

ただ、最近はネットで和服買取をする業者が増えているようですから、活用してみるのも良いでしょう。

ずっと寝かせていた着物類ですが、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。

査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。

古いものでも状態が良ければ思ったより良いお値段になることもあるようです。

宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、できるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは反物を買ったときか、仕立てたときについてくる切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。

家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、これらは産地や製作者の証明になるので、ブランド品であればなおさら、あるかないかでものの価値は相当違ってきますから、着物の一部と考えて必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。

着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらず帯に合った帯締め帯揚げなど小物も買い取りを行うことが多いです。

ただし、襦袢は買い取らないケースがほとんどです。

襦袢を下着だとみるところが多く未使用でなければ需要はありません。

それでも買い取る可能性があるのは未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば交渉次第で売れるかもしれません。

他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。

質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは取扱いのない店もありますから、近いからといって持ち込む前に、確認するのが確実です。

もし高く買い取ってほしければ、中古着物専門業者に依頼したほうが、価値を判断した上で買い取ってもらえるので、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。

わざわざ遠くの専門店に行かなくてもネットで検索すれば簡単に見つかります。

古い和服を処分すると言ったら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが良い値段がつき、色あせや虫食いなどがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。

値段がつかないというものはさすがになさそうだし、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。