読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、

先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、引き取り手のない着物がかなりありました。

処分を決め、買取業者を探してみると電話でのやりとりだけでどこまでも買取の車を出してくれるところも当たり前のようにあってびっくりしました。

着物はどれも重いし、かさばるのでひとりでお店に運ぶなんてありえないと頭を抱えていたのでこういうサービスが欲しかったと思いました。

もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、高く買い取ってもらうには何が必要か調べてみると、共通点がありました。

ものが良くて、買ったときに高かったというのは必須条件でしょうが、それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなどもかなり重要な問題のようです。

素材も色柄も、仕立ても良い品だとしても見てわかるくらいの傷があればそもそもの価値を相当下回ってしまうそうです。

思い入れのある織り着物を持っていたのですが、きちんと手入れしながらしまっていても、ほとんど洋服で過ごしていますし、着物を着ることが、今後ないかもしれないという事情もあって思い切って処分しようかと迷いました。

着物の買取についてネットで検索したところ着物買取専門の業者もあることがわかりました。

可燃ゴミになるより、リユースできれば着物が役に立つ可能性もあると思い思い切って売ろうと決めました。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、利用しようと思っている人は、注意してください。

私が最近聞いた例では、着物の出張査定を頼んだだけなのに、いきなり連絡もなく家に来て、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もありました。

投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。

誠実な業者であれば、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。

不要になった和服などがあれば、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。

流行り廃りのない紬の着物などは、郡上紬や久米島といった通好みの品も、種類を問わず買い入れてくれます。

リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、訪問着や趣味的な汕頭着物なども買取対象です。

また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。