着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは有名な産地で生産された品です。

代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、昔から着物好きな方に愛されてきた有名ブランドの着物は中古でも人気があり、高く買い取ってもらえることが多いようです。

保管状態が良くないと価値が出ませんし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことは着物買取の常識です。

中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告をよく目にするようになりました。

着る機会もなく眠らせたままでいると、防虫剤等をいれていても、経年劣化はあるので価値が下がってしまうのです。

状態が良く新しいものは、専門店ならではの高額査定がつくこともあるので、なるべく早めに査定依頼して、買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。

もう着ないかなとか、いつか着るかもと思いながら手元に置いている着物は誰にでもあり、着物を買い取ってもらえないかなと思う方も少なくありません。

着物の種類はたくさんありますが、需要が多いのは何なのか誰でも疑問に思うでしょうが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。

訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、晴れの席からお茶会まで、未婚でも既婚でも幅広く着ていけるためです。

着ることがない訪問着をお持ちの方、査定は無料の業者が多いですよ。

形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、予想以上のお金に換えられることもあります。

これは確定申告が必要?と思うかもしれません。

考え方としては、衣類は生活必需品なので有償で譲渡しても課税されませんが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、簡単に割り切れない問題です。

不安を取り除くためにはきちんと申告して、払うべきものを払うために、最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。

タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。

だけど値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

という声をよく聞きます。

着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。

さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。

着物鑑定のプロでないと、買取価格は見当がつきません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で高値がつく可能性も十分あります。

現代の有名作家の作品なら、サイズが大きいものが多く、着たい人が多いためぜひ買い取りたい品だからです。