着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問

子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。

けれども、手入れも保管も結構な負担です。

自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだので次に着るときまできちんと保管しなければならないのは当然です。

とはいえ、桐だんすを購入するにも着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。

これから七五三で着れば十分でしょう。

高く売れるうちに手放したいと思っています。

着ないままタンスにしまってある着物は案外多く、買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方もどこかで聞いたことがあるでしょう。

着物を売ろうと考えているが、どれが高く売れるのか気になるところですが、ずばり、訪問着が一番高く売れます。

訪問着であれば同じ着物を長年にわたって着られるし、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。

訪問着でいいものだけど、もう着ないという着物がある方、査定は無料の業者が多いですよ。

着物の価値を評価してもらうために証紙を一緒に提出することをすすめます。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地の基準に適合していることを証明として発行された独自の登録商標を指します。

証紙は捨てられたり探しても見当たらないという方もいるようですが、次に売るためにも、ないと困るものの一つなので探して査定のときに持って行ってください。

要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。

紬や絣といった着物なら、大柄の黄八丈のような着物でも、きちんと査定して買い取ってくれます。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

紬だけでなく、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども広く取り扱っているそうです。

検討する価値はありそうです。

かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、点数自体が多いとか、店舗が遠かったり、あっても駐車場がないと、持参するのに苦労しますね。

そんなときこそ、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。

ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと宅配便を利用した買取を勧められることもありますから、事前連絡の際に相談しましょう。