着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

つい最近、祖母の形見だった着

つい最近、祖母の形見だった着物を着物買取専門のお店に持って行きました。

私たちが何度も着るような着物はなく、誰も着ないのにとっておくのも着物の価値が目減りしていくだけだし誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。

何軒かの業者で相談しましたが、いわゆる作家ものの着物はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

最近はリサイクルが浸透してきたおかげで、着物を買い取ってくれる専門業者が増えてきているようです。

インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、利用する上で注意しなければいけないのは、普通の買取業者を装って、着物を騙し取ったり、貴金属との抱合せで押し買いするなどの詐欺まがいの営業をしている場合もないわけではありません。

振袖を着るシーンと言えば、成人式や結婚式など、大事な場面ばかりですが、着る機会は限られ、その後は仕立て直さないと着られません。

着る時期を過ぎ、譲るあてもなければ、買取業者に引き渡すのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。

ではいくらで売れるかというと、安ければ数千円のこともありますが、高級品で状態が良いと、数万円を超える値もつきます。

大事な場面で着た思い出や思い入れもあると思います。

持ち込みや宅配で無料相談や査定を行っているところも多いのでできれば複数の業者の目を通し、ここならというところで売るようにしましょう。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、利用するときには気をつけなければいけません。

私が最近聞いた例では、着物の出張査定を頼んだだけなのに、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もありました。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

誠実な業者であれば、このような行為は無縁でしょう。

数ある着物買取業者の中でも、「スピード買い取り.jp」は大手で、資金力も潤沢ですし、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。

専用の無料ダイヤルで電話代を気にせず問合せ・相談できますし、24時間365日対応しているため、忙しくても手があいたときに問い合わせできるのがありがたいです。

もちろん携帯電話やスマホからかけてもOKです。

査定は無料で、持込・出張・宅配便の3種類から選べるので、気軽に相談できますね。