着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、かさば

着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、かさばる着物をお店に運ぶのも大変だし業者はたくさんあり、どこが良心的なのかなかなか人に聞くこともできなかったのでずるずると先延ばしにしていました。

店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店も増えてきているそうで業者間の差もあるようなので細かいところまでサービスを調べてじっくり探していきます。

中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告をよく目にするようになりました。

着る機会もなく眠らせたままでいると、防虫剤等をいれていても、劣化は避けられないので価値が下がっていきます。

きちんと保管されてきた良い着物は意外な高値になる場合もあるので、早めに連絡して、買い取ってもらうと良いでしょう。

着物買取の前に査定をするわけですが、そのとき証紙を一緒に提出することをすすめます。

証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが決められた基準を満たすことについて証明として発行された登録商標だと考えてください。

買ったときに証紙を捨てる方だのありかがわからないという方もいるそうですが家電やパソコンと同じように、品質を証明する書類のあるなしで買取価格が大きく違いますのでなんとか探し出してください。

タンスの中で休眠状態の着物がある方、多いと思います。

着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。

振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため管理も他の着物に比べ負担感が増します。

もう着ないと考えられる着物ならばいっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。

いわゆる高級品であって、新しいものほど、また手入れのいいものほど高値がつきます。

もう着る人のいない着物は、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

紬や絣といった着物なら、大柄の黄八丈のような着物でも、どんな種類でも買い取ってくれるようです。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。

紬は男性物でも良いですし、訪問着や趣味的な汕頭着物なども取扱対象のようです。

自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。