読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

自分でも忘れているくらい、着物は

自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方もどこかで聞いたことがあるでしょう。

それでは、売れやすい着物は何なのかと手持ちの着物を見ながら考えてしまう方もいるでしょうが、一番高値で売れやすいのは訪問着です。

訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、晴れの席からお茶会まで、未婚でも既婚でも幅広く着ていけるためです。

着ることがない訪問着をお持ちの方、無料で査定してくれる業者に、お願いしてみてはいかがですか。

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど買い取りしてもらえなかったらどうしよう。

という声をよく聞きます。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、プロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。

現代の有名作家の作品なら、昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので需要があり、業者が手に入れたいのです。

もう着る人のいない着物は、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。

振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、種類を問わず買い入れてくれます。

専門店なので買取額も高めなのが良いですね。

紬のほかには、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども広く取り扱っているそうです。

自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。

和服を売却する機会はそうそうないでしょう。

処分を考えているのなら、高値売却のために中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。

評判もサービスも良い和服専門業者を見つけ出し、2社、もしくは、3社に見積もらせ、その査定結果を比べると目安になると思います。

仮に査定額が同じなら、査定内容や対応がしっかりした業者を選べば、納得のいく取引ができるでしょう。

大掃除やお節句の時期になるたびに、箪笥で眠っている着物類を整理したいと思うのですが、懐かしい品や形見の着物もあって、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。

先日ウェブ広告で着物買取業者というのがあるのを知り、数が多いのにはびっくりしました。

高額買取の例も具体的に紹介されていて、着物専門のお店なら、丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。

とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。