着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

初めてのお宮参りで、着物を新調しました。私自身はレンタ

初めてのお宮参りで、着物を新調しました。

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、義母をはじめ、一緒に行く人たちはみんな自前の着物だったのです。

その後、着物の手入れは本当に難しいと痛感しています。

自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだのできちんと手入れし、保管しなければならないのは織りこみ済みです。

とはいえ、桐だんすを購入するにも着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。

七五三で着る予定はありますが、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。

着物の保管や手入れは、実に面倒なので着ないとわかっている着物は、折を見て着物の買取業者に査定してもらうと収納スペースの確保にもなると思います。

どの業者が良心的なのか、決めるのは難しいと思いますが、ネットのランキングサイトを利用して自分の条件に合った業者を探しましょう。

着物の保管状態はもちろん、同じ産地でも制作者によって価値は異なりますがまず、状態がいいかどうかが高価買い取りの前提条件です。

着物買取の査定を受けるときに証紙を一緒に提出することをすすめます。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで決められた基準を満たすことについてはっきり証明するための登録商標になっています。

買ったときに証紙を捨てる方だのありかがわからないという方もいるそうですが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、探して査定のときに持って行ってください。

基本的に、着物の買取価格を決定する大きな条件は、着物としての素材や仕立ての良さだけでなく、新品に近いかどうかがシビアに問われます。

ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていれば本来の価値を認めてもらえないのはごく当たり前です。

ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものならそれなりの値がつくこともあり得ます。

いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにその道のプロに見てもらうことをすすめます。

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、気を付けた方がいいことは、着物や反物の購入時についてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

家電やパソコンを売るときと同じでこのような品質を保証するものはあるかないかというだけで買取価格はかなり違うと考えてください。

きちんと保管してあれば、着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。