着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

いろいろ思い入れのある織り着物を持っていて、

いろいろ思い入れのある織り着物を持っていて、大切な着物としてきちんと保管していましたが、圧倒的に洋服で過ごすことが多く着物を着なくてはならない用もなく思い切って処分しようかと迷いました。

着物の買取についてネットで検索したところ着物を引き取り、換金できる業者があることを知りました。

思い入れのある着物なので、捨てるよりは誰かに着てもらった方が着物にとってもいいだろうと思い、売るのが一番いいと心を決めました。

仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても無条件で付加価値がつくとは限りません。

どんな生地、色柄も、生地や糸は徐々に劣化していくもので状態は確実に悪くなっていきます。

未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。

仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているという着物に心当たりがあれば、査定は無料のところが多いです。

早く業者に持って行きましょう。

この間、祖母が着ていた着物を売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

祖母の形見ですが、着る人もなく誰も着ないのにとっておくのも祖母の本意ではないでしょうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

何軒かの業者で相談しましたが、個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、利用しようと思っている人は、注意してください。

私が最近聞いた例では、着物の出張査定を頼んだだけなのに、事前連絡なしに家にやってきて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあります。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

古物商の届出が出ている業者は、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、かさばる着物をお店に運ぶのも大変だし手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかそこから調べるのかと思って、結局処分に踏み切れませんでした。

この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も結構あると聞いています。

いいお店をランキングサイトで調べ、自分の希望に合ったサービスを行うお店をがんばって見つけたいです。