読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

初めてのお宮参りのために、訪問着を購入

初めてのお宮参りのために、訪問着を購入しました。

小物類はともかく、着物本体はレンタルにしたかったのですが周りから、これから着る機会が何度もあるからといわれたのです。

でも、とにかく手入れが大変です。

周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。

桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、横長のタンスを置く場所はありません。

七五三で着た後はごめんなさいをして、高く売れるうちに手放したいと思っています。

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で形見分けできない着物は相当の枚数でした。

処分を決め、買取業者を探してみると連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、どこまでも買取の車を出してくれるところも当たり前のようにあってびっくりしました。

整理して箱詰めするのも大変な量で、とうてい自分ではお店まで運べないと泣きそうになっていたので、それも感謝しなければなりません。

このごろ、着物専門のリサイクル業者の広告をよく目にするようになりました。

箪笥にしまいっきりにしておくと、きちんと管理しているつもりでも、糊や洗剤による劣化もあって着物本来の値打ちが下がってしまいます。

新しくて状態が良い着物は高額査定になる場合もありますから、思い立ったが吉日で早めに査定を受け、買い取りしてもらったほうがいいでしょう。

着物を買い取ってもらおうと思い立って、どんな流れで買取を進めるのか、業者のホームページで調べたのですが、着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、自宅で出張査定を行う業者や専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者もごく当たり前になっているようです。

自分に合った買取方法を調べると、持ち込みができないほど大量でもなく近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、買取を一気に終えられるようにしたいと思います。

先日のことですが、祖母の遺品である着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。

祖母の形見ですが、着る人もなく着ないまま持っているのも着物の価値が目減りしていくだけだし誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。

念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。

有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。