着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他帯に合

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他帯に合った帯締め帯揚げなど小物もセットで売ることもできます。

ただし、襦袢は買い取らないケースがほとんどです。

襦袢を下着だとみるところが多く未使用でなければ需要はありません。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

まずは査定にかけることをすすめます。

近頃はインターネットが普及したことにより、以前は知るのに苦労した情報などもうろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。

ただ、あまりイージーすぎるのも困ります。

それなりの値段のする着物買取などは、業者のサイトを見るだけでなく、ネットでの評判も確認し、良いと思ったところの中から、2社以上に査定してもらうと良いでしょう。

複数だと競争で価格もあがりますし、良い値で売るためには、手間を惜しまないほうが、あとあと納得できると思います。

買取のとき、着物と一緒に持って行き、その着物や反物の証紙があると、とても有利です。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで産地で、一定以上の品質の製品だと公に証明している登録商標だと考えてください。

証紙は捨てられたりきちんと保管していない方もいますが家電やパソコンと同じように、品質を証明する書類のあるなしで買取価格が大きく違いますのでなんとか探し出してください。

着物買取の注意点です。

査定では着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。

もとは最高級の着物だったとしても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだと絶対高値はつかないのが仕方ないと思ってください。

それでも、何とかきれいに落とせるなら買取の交渉もできるかもしれません。

どんな場合も、安易に決め込むのではなく、無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。

着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

そう思うのもわかります。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、とても素人判断ができるものではありません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば高値での買取を期待していいでしょう。

比較的新しいブランド品は昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので仕入れておけばすぐに売れるからです。