着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、それなりに信頼

大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、大損なんてことになりかねません。

私がよく聞く買取に関するトラブルは、相場を無視した安値とか、訪問査定で家に居座られて断れなかったなどがあります。

あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、吟味した上で査定を依頼し、それから、発送する前に写真に撮っておくのも後々役に立つかもしれません。

宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、できるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは着物の価値の一部にもなっている、反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?リサイクルショップに家電を売るときと同じく、これらは品質の保証になるもので高級品ほどあるのが当然となり査定結果が明らかに違ってきます。

取っておいたものを全部、着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物の買取を行う業者が増えています。

業者はネットで簡単に探せますが、もっとも気をつけるべきなのは、買取実績がある業者のふりをして、着物を騙し取ったり、貴金属との抱合せで押し買いするなどの不法な商売を行っている業者もあるということです。

クチコミ等で信頼できるところを選びたいですね。

不要になった和服。

もしリフォームするのでなければ、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。

たとえば紬などは流行に左右されず、郡上紬や久米島といった通好みの品も、きちんと査定して買い取ってくれます。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

紬のほかには、訪問着や趣味的な汕頭着物なども買取対象です。

何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

着物が未使用でさえあれば、無条件で付加価値がつくとは限りません。

着ることによる傷みはなくても生地や糸は徐々に劣化していくものでもろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

何回着たかは絶対的な価値ではありません。

査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。

運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、などの着物があれば幸い、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。