読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

みんなで手分けして、祖母の遺品整理を進めていま

みんなで手分けして、祖母の遺品整理を進めています。

実は、先日欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。

買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると梱包しなくても、電話すれば無料で買取用の車を出すところも何軒もあってびっくりしました。

整理して箱詰めするのも大変な量で、一人でお店に持ち込むのは絶対無理、と頭を抱えていたのでこういうサービスが欲しかったと思いました。

実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなく和装小物も売るように勧められると思います。

できるだけ着物と小物類を一緒に査定してもらうようにすると幅広い品を買い取れるので査定価格に若干上乗せしてくれる業者の話もよく耳にします。

着物と一緒に買った小物類で、着物同様もう使わないのであればこの際なので全部まとめて、着物と合わせ宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば不要品の処分と、買取が同時にできます。

和服の買取をしてもらおうというときに、喪服は注意しなければいけません。

ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。

年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、喪服の流通は僅少だからです。

それでも品物が良いから買い取ってほしいと思ったら、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を買い取ってくれる業者もありますので、まずはそこに確認してみると良いでしょう。

着物買取の前に査定をするわけですが、そのとき着物や反物の証紙を添えて出してください。

ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから決められた基準を満たすことについて証明するために発行している登録商標のしるしです。

買ったときに証紙を捨てる方だの言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、探して査定のときに持って行ってください。

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても売れないと恥ずかしい。

そんな方もいるでしょう。

ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。

また素材や技法によって価値が決まるので素人が買取価格を予想するのは無理です。

それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は査定で高値がつく可能性も十分あります。

比較的新しいブランド品は昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いのでぜひ買い取りたい品だからです。