読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。そ

サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。

その整理に悩んでいる人はいませんか。

最近はネットで和服買取をする業者が増えているのをご存知ですか。

たんすに眠ったままだった和服ですが、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。

ほとんどの業者さんは無料で査定しますし、出張・宅配査定もできて、持込の手間が要りません。

それに、丁寧に保管していたものは意外と高額で引き取ってもらえるようです。

母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混ぜて、うちの納戸には山ほど保管されていました。

中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、査定士さんはきちんと見た上で買い取ってくれました。

なんでも昨今は、昔なら断っていたようなシミでも、業者が染み抜きの手配をするため、買い取るパターンのほうが多いそうです。

とはいえ、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。

着物買取の業者さんはみんな似ているような気がしますが、スピード買い取り.jpは、ネットでの口コミでは、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。

査定や売買に関する相談は無料ですし、365日?24時間、オペレーターが待機していますから、思いついたときにすぐ問い合わせできるのがありがたいです。

スマホや携帯でもかけられます)査定は無料で、持込・出張・宅配便の3種類から選べるので、気軽に相談できますね。

タンスの中で休眠状態の着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。

着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、虫干しだけでも結構な仕事なのは確かです。

振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。

今後着ることがなく、受け継ぐ人もいない着物があれば専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。

生地や色柄、仕立てがいいものなら、新品に近く、良い状態で保管されたものは高く売れます。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、帯締め帯揚げといった小物も一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

襦袢は和装の下着だとみられているため一度でも着たものは買い手がつきません。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。