読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、利

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、利用しようと思っている人は、注意してください。

私が最近聞いた例では、着物の出張査定を頼んだだけなのに、アポ無しで来て、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあるのです。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

古物商の届出が出ている業者は、家に押しかけて居座るようなことはしません。

かさばる着物をなんとかしたいと考えていても、処分先をどうするか困ってはいないでしょうか。

それならネットの和服買取業者を利用すると悩みも解決すると思います。

業者のサイトから申し込むだけで、ある程度まとまった量なら、着物を送る際の送料が無料になることもあります。

元が高額な着物の場合は、きちんと価値のわかるお店に査定してもらうことが大事なポイントです。

買取のとき、着物と一緒に持って行き、着物や反物の証紙を添えて出してください。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地の基準に適合していることを証明として発行された登録商標になっています。

証紙は捨てられたり言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですがないと自分が損をすると思いますので探して査定のときに持って行ってください。

近頃ネットを見ていると、着物買取業者の広告をよく見かけるようになりました。

着る機会もなく眠らせたままでいると、保管場所に気を遣ったつもりでも、染料そのものの劣化もあって価値が下がってしまうのです。

状態が良く新しいものは、リサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、なるべく早めに査定依頼して、買い取ってもらうと良いでしょう。

着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、無料で出張もしているし、店舗へも持ち込めるとすればできるだけ有利に査定を進めたいなら車の買取と同じで、お店で査定してもらった方が良いです。

自分が満足できる査定額でなかった場合に、後で他のお店に回ることもできるからです。

持ち込みは難しく、宅配か出張で査定してもらう場合、出張査定の料金がかからず査定後に買取を断ることも可能とはっきり示しているか、確認してから依頼しましょう。