着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが高額査定がつきやすく、色あせや虫食いなどがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、価格がつかない(引き取らない)こともあるみたいです。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

着物が未使用でさえあれば、どんなものでも高く買い取ってくれるわけではありません。

袖を通したことはなくても、生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化しもろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

使用済か未使用かではなく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。

保管状態が良く、未使用でもう着ないと思う着物は買い取りに回しましょう。

無料査定を受けられる業者を探してください。

自分が以前から、大事にしている織り着物がありましたが折々の手入れも欠かさず、大事に保管していましたが、洋服しか着ない毎日ですし、この先、その着物を着る機会がないと気づき思い切って処分しようかと迷いました。

ネットで「着物 買取」と検索したら、思ったよりも多くの買取業者があることを知りました。

ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば大事な着物を生かせると思い、思い切って売ろうと決めました。

多くの着物買取業者では、着物と帯の他に帯に合った帯締め帯揚げなど小物も買い取りもできるので、聞いてみましょう。

ただ、襦袢の買取は期待しないでください。

これは下着と考えられるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

例外もいくつかあります。

たとえば未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであれば他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。

タンスの中で休眠状態の着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。

着物は着るべき時に着るもので、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。

振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため虫干しをするにも他のものより気を遣います。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。

いわゆる高級品であって、傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。