着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取に査定してもらうときは、喪服は例外的に考えた

着物買取に査定してもらうときは、喪服は例外的に考えたほうが良いでしょう。

というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。

年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、着る機会が限られる喪服の需要は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。

それでも品物が良いから買い取ってほしいと思ったら、限られた一部の会社ですが、喪服を買う業者さんもないわけではないので、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。

古い和服を処分すると言ったら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが価格は高くなるらしく、色あせや生地の傷みがあるときは、それなりの価格になってしまうこともあり、価格がつかない(引き取らない)こともあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。

きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

着物買取の注意点です。

査定では着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。

着物としてどれほど高級だとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかればかなり価値を下げてしまうのが当然といえば当然です。

手間をかけても、完全にきれいにできる場合は買取の交渉もできるかもしれません。

いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにまず無料査定にかけてみるのが一番です。

もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、どんな着物に高値がつくのかいくつかの業者のサイトを見て、共通点を調べました。

素材や色柄、仕立てが上等であることが欠かせない要素ですがそれにプラスして、シミがないこと、傷がないことなども査定のときにはシビアに見られるようです。

元々の品質は良かったものでも査定のときに傷が見つかったら査定額をかなり減らされてしまうようです。

昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方はこれから増えていくでしょう。

着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、価値があるなら、売ってお金をもらいたいですよね。

さて、着物の買取専門店で実績のあるところはいくつかありますが、まずは友禅市場に問い合わせてください。

査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。

現在の価値を調べてもらうだけでも費用はかかりません。

着物の買取専門店を利用したことがない方も、まずはここの買い取りシステムを参考にしてください。