着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

もしも、着物の買取を依頼する際に、着物を

もしも、着物の買取を依頼する際に、着物を持って行った方がいいのか、自宅などでみてもらった方がいいのかどちらを選んだ方がいいかといえば、可能なら店舗への持ち込みをすすめます。

この査定額では納得できないという場合、他のお店の査定に持って行きやすいからです。

お店が遠いなど、持ち込みができない場合、出張査定は無料サービスで査定の結果次第で、依頼のキャンセルも可能とはっきり書いている業者を選びましょう。

思い出や思い入れの詰まった着物を高く買い取ってもらうために手間を惜しまないなら、査定を何軒かで受けた後、買取価格の比較を行いましょう。

ですから、はじめから査定後に買取キャンセルできる業者を見つけて話を持って行くのが賢明です。

査定額の比較を終えて、一番高値をつけ、なおかつ信頼できる業者に依頼できるよう、買取の条件を査定のときに言われたら、そこを十分確認してから決めましょう。

近頃ネットを見ていると、着物買取業者の宣伝を多く目にします。

もとは高かったからと出し渋っていると、クリーニングして袖を通さないでいても、経年劣化はあるので思い入れとは裏腹に、価値が落ちてしまいます。

品質が良い着物は、新しいほど持ち主が思う以上に高額になることもあるので、思い切って早めに買い取りしてもらったほうがいいでしょう。

いままで知らなかったのですが、着物の買取は、いまどきは宅配便を使った査定方式が珍しくないようなので、形見にもらって着ない(小さい)着物を引き取ってもらおうと考えています。

しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。

中古品の売買には警察署への届出が必要なので、とりあえずそれを確認してから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、着物に付随した小物、たとえば帯締め帯揚げなど併せて買取可能です。

それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。

襦袢を下着だとみるところが多く未使用でなければ需要はありません。

例外もいくつかあります。

たとえば未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。