着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物と

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、実家にはたくさんあります。

色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、きちんと値付けしてもらえたのには驚きました。

なんでも昨今は、ある程度のシミであれば、業者さんのほうでシミ抜きするので、買い取るパターンのほうが多いそうです。

ただ、お値段は「相応」のものになります。

これから着物を買い取りに出す方が一番気にすることは、どの業者に持ち込むといいかと考えて何を基準にすればいいか、わからないことです。

今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので選ぶのは却って難しいといえます。

多くの古着屋で着物の買取も行っていますが、高値がつくかなと思うなら、着物の専門店に依頼するのがベターです。

専門店ならではの、着物に関する知識と経験が豊富な鑑定人が見てくれるので価値を十分に評価してもらえるでしょう。

着る人のいない和服を処分するとき、買取額ってどうしても気になりますよね。

ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。

しかし中古品といっても和服の場合は、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。

たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。

着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定してもらうのが一番です。

そんなに嵩張るわけでないなら、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、断って別の店を探すこともできます。

対面ですからわからないことも聞けますし、価格を交渉することもできます。

それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、信頼できそうな業者さんに家に来てもらえば良いのです。

多くの方が、着物をタンスの肥やしにしているもので、もう着ない着物を買い取ってもらい、整理を兼ねて換金したいという方も案外身近にいるものです。

着物の種類でいうと、どんな着物がよく売れるのかと素朴に考えるところですが、どこの地域でも変わらず、訪問着がもっとも高値をつけられます。

訪問着であれば同じ着物を長年にわたって着られるし、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。

手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、どのくらいで売れそうか、査定を受けてみるといいですよ。