着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

ご自宅に古い着物があり、処分したいと思う方は多いでし

ご自宅に古い着物があり、処分したいと思う方は多いでしょうし、今後増えるでしょう。

着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、買い取りのルートがわかれば、ぜひ売りたいですよね。

実際、着物の買取を扱っている業者は数多いのですが、友禅市場を候補の一つにしてみてください。

どこから送っても送料は取られず、査定料もかかりません。

無料査定ならば、とりあえず価値を知りたい方にもおすすめです。

身近に着物を買い取ってくれる店舗がない方も、買取先の候補にしてはいかがでしょうか。

着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらずトータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締め帯揚げなど併せて買取可能です。

ただ、襦袢の買取は期待しないでください。

これは下着と考えられるため着用されたものは誰も買わないためです。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば交渉次第で売れるかもしれません。

まずは査定にかけることをすすめます。

さほど重さが気にならないのであれば、和服の処分は直接買取店に持ち込むのが最も確実だと思います。

第一、持ち込むのなら、業者の提示額と自分の希望に差があっても、断ることも気兼ねなくできます。

なにより対面式ですから、査定額の詳細を聞けば交渉もできるでしょう。

しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、1点か2点を持込査定してもらい、ここなら良いというところに出張で査定を依頼するというのも手です。

もう着る人のいない着物は、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

紬や絣といった着物なら、大柄の黄八丈のような着物でも、産地・種類を問わず買取してくれます。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。

紬だけでなく、作家物や一般の友禅染の着物なども広く取り扱っているそうです。

何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

和服の買取というと、宅配便を利用したサービスが多いらしいので、形見にもらって着ない(小さい)着物を引き取ってもらおうと考えています。

高級品や袖を通していないものもあるので、誠実な業者さんを探したいと思っています。

古物商の認可が必要らしいので、とりあえずそれを確認してから依頼するつもりです。