着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど自分が持

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。

そんな方もいるでしょう。

ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。

また素材や技法によって価値が決まるのでとても素人判断ができるものではありません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば高値での買取を期待していいでしょう。

現代の有名作家の作品なら、昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので需要があり、業者が手に入れたいのです。

着物など値の張るものを買取に出す際、一番気になるのは買取価格でしょう。

古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。

ただ、中古着物の値段というのは、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、単純にはいきません。

もしまったく同じものがあったとしたら、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。

街の古着屋ではわかりません。

価値のわかる専門業者に査定してもらうのが一番です。

これから着物を買い取りに出す方が一番気にすることは、買取業者を決めるときに何を基準にすればいいか、わからないことです。

今はネット検索で業者がいくらでも見つかり、ランキングサイトまである世の中なので迷うのが当然だと思います。

多くの古着屋で着物の買取も行っていますが、浴衣や安い着物ではないというなら、着物専門の買取業者に持って行くのが賢明です。

専門のお店だからこそ、着物についてよく知っている鑑定人の目を通せるので大きな損はしないで済むでしょう。

一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。

和装小物も売るように勧められると思います。

買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうといろいろな品を仕入れることができるので着物本体の査定価格に上乗せしてくれる業者の話もよく耳にします。

和装小物は細かいものがいろいろありますが、どれでも使わないものをこの際なので全部まとめて、着物と合わせ宅配で送り、無料査定を受ければ不要品も片付き、いくらかお金になる可能性があります。

わが家もとうとう建て替えることになり、昔のものをいろいろと片付けていますが反物が出てきたのでびっくりしました。

上手く保管されていたので状態も良く、保管されている間に傷むこともなく買ったときとほとんど変わらないでしょう。

着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。

今後もこの反物を使うことはなさそうなので、買い取ってもらい、他の方に売った方が賢明でしょう。