着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうとき有利な買取のため

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうとき有利な買取のために、気を遣ってほしいのは、ある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?リサイクルショップに家電を売るときと同じく、これらは品質の保証になるもので高級品であるほど、あるかないかによって買取価格はかなり違うと考えてください。

残っている限りのものを着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。

着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん帯に合った帯締め帯揚げなど小物もセットで売ることもできます。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

襦袢は和装の下着だとみられているため着用済みだとほとんど売れないからです。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであればうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

ある年代の女子にとって振袖は正装で、大事な場面で着るものですが、時期と場面限定の着物であり、それ以外着ることはありません。

保管も手間がかかることが多いので、着なくなったら、専門の業者に買い取ってもらうのもせっかくの着物を生かす良い方法ではないでしょうか。

いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、いいもので、保管も良ければ数万円以上もありえます。

振袖にまつわる思い出はたくさんあると思います。

相談や査定は多くの業者が無料で行っています。

何軒かの業者にあたり、自分の気持ちに区切りがついたところで手放すのがいいでしょう。

仕立ができる祖母がいたせいか、古い着物や袖を通したことのない着物が、実家にはたくさんあります。

保管状態の良いものと悪いものがあったものの、そんな着物でも値段はつきました。

いまどきの買取は、シミが少しあるぐらいなら業者が染み抜きの手配をするため、買い取るパターンのほうが多いそうです。

といっても、お値段は「相応」のものになります。

着物を買い取ってもらおうと思い立って、ネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、出張査定や自宅に取りに来るサービスがある業者、着物に合った箱を送ってくれ、宅配で送ると無料査定までしてくれる業者も何軒かみつけました。

自分の場合を考えると着物の枚数は少ないので近くの専門店への持ち込みができそうなので査定してもらい、お金の受け取りまで一度で終わらせたいと思っています。