着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった着物の処分は難しく、困っている方も時々見か

着なくなった着物の処分は難しく、困っている方も時々見かけます。

リフォームはしにくく、捨てるには惜しく、買ってくれる人がいれば売りたいですね。

もし着物を売りたいなら、専門業者の中ではまずは友禅市場に問い合わせてください。

査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。

見積りだけの利用もできます。

着物の処分を考えている方、まずは試しで買取先の候補にしてはいかがでしょうか。

このごろ、着物専門のリサイクル業者の宣伝を多く目にします。

箪笥にしまいっきりにしておくと、保管場所に気を遣ったつもりでも、染料そのものの劣化もあって着物本来の値打ちが下がってしまいます。

大事に保管してきたものは専門店ならではの高額査定がつくこともあるので、早めに連絡して、買取してもらうと良いですね。

実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこで証紙を一緒に提出することをすすめます。

反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地で、一定以上の品質の製品だと証明するために発行している登録商標のしるしです。

買ったときに証紙を捨てる方だのきちんと保管していない方もいますが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、捨てていなければ、ぜひ探してください。

質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは行わないところも少なくないですから、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで聞いたほうが無駄足にならずに済むでしょう。

もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、プロの目で査定してもらえ高値がつきやすいので、そちらを考えてみてはいかがでしょうか。

といっても知っている店がないという場合は、ネットで調べるといくらでも見つかると思います。

着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろんトータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締め帯揚げなど買い取りを行うことが多いです。

ただし、襦袢は買い取らないケースがほとんどです。

襦袢は下着の位置づけなので着用されたものは誰も買わないためです。

例外もいくつかあります。

たとえば未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば業者によっては買い取りの可能性があります。

査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。