着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着ないままタンスにしまってある着物は案外多

着ないままタンスにしまってある着物は案外多く、もう着ない着物を買い取ってもらい、整理を兼ねて換金したいという方も少なくありません。

着物の種類はたくさんありますが、需要が多いのは何なのか誰でも疑問に思うでしょうが、需要が多いのは何といっても訪問着です。

訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、晴れの席からお茶会まで、未婚でも既婚でも幅広く着ていけるためです。

手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、無料で査定してくれる業者に、お願いしてみてはいかがですか。

量がたいしたことなければ、和服の処分は直接買取店に持ち込むのが最も確実だと思います。

訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、買い取りを断ることも簡単です。

直接会って話すわけですから、価格交渉もでき、1枚だけ持ち帰るなんてこともできます。

しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、持ち込みで2、3着みてもらって、見込みのありそうなお店に出張査定をお願いするというのもありですね。

不要な着物を処分した結果、思いの外いい値段で売れるかもしれません。

これは確定申告が必要?と思うかもしれません。

基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ譲渡しても課税されませんが、美術工芸品とみなされると売却額に税金がかかるのでいろいろなケースが考えられます。

不安を解消してすっきりしたいなら、確定申告の必要があるかどうかを知るために、税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。

自分が持っている着物の中に、特に大事にしていた織り着物があって、手入れを欠かさずに長いこととっておいても圧倒的に洋服で過ごすことが多くその着物を着る機会は今後なさそうなので処分するなら今だと思いました。

買取ができるかどうかネットで調べた結果、着物を引き取り、換金できる業者があることを知りました。

ただ捨てるよりも、次の人に譲った方が着物も喜んでくれるのではないでしょうか。

買取業者に引き取ってもらおうと決めました。

高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、大損なんてことになりかねません。

着物買取でのトラブルというとやはり、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。

最初にウェブ上で業者の評判をチェックし、依頼するようにしましょう。

それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、トラブル防止に役立ちます。