着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

そんなに嵩張るわけでないなら、和服の処分は直接買取店

そんなに嵩張るわけでないなら、和服の処分は直接買取店に持ち込むのが最も確実だと思います。

わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、気楽に断れます。

それに、直接顔を合わせることで、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。

また、かなりの量で全部を持ち込めないときは、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、信頼できそうな業者さんに出張で査定を依頼するというのも手です。

高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、誠実な買取業者を選ばなければ、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。

よくある和服買取業者への苦情といえば、安値買取のゴリ押しでしょう。

それと、宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。

事前に業者のクチコミなどの情報収集をし、ある程度選抜してから依頼すると安心です。

梱包前に写真を撮っておくのも後々役に立つかもしれません。

一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。

小物も同時に買い取りたいのがわかります。

従って、着物と小物をセットにして買取依頼をすると売れるものの幅が広がりますからトータルで高値をつけるという宣伝をしているところもあります。

帯だけでなく、帯締め帯揚げ、扇子、かんざしや櫛など、不要なものがあれば処分も兼ねて、着物と一緒に宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえばいらない小物を手放せるだけでなく、お得にもなるでしょう。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、着物に付随した小物、たとえば帯締め帯揚げなど買い取りを行うことが多いです。

ただ、襦袢の買取は期待しないでください。

襦袢は和装の下着だとみられているため着用されたものは誰も買わないためです。

付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば業者によっては買い取りの可能性があります。

他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。