着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

この間、祖母が着ていた着物を着物の買取専門

この間、祖母が着ていた着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、着ないまま持っているのも着物にとっていいことではないだろうし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、提示されたのは全部まとめての値段でした。

結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。

着物買取業者というのをご存知でしょうか。

最近、苦情も多くなっているので、査定依頼するときは注意しましょう。

ほんの一例ですが、出張査定(買取)を頼んだら、その日のうちに急に家に訪れて、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあるようです。

投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。

きちんとした古物取扱商であれば、そういった心配は不要でしょう。

売りたい着物があれば、そこで最大の関心事は売れるとしたら、納得のいく価格になるかではないでしょうか。

相場がわかればと思うかもしれませんが、相場はないというべきで、素材も、仕立ても、状態も、サイズも問題になるのでそうした条件を全部考え合わせて査定されます。

そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。

どこの業者でも査定は無料なので、遠慮せずに、近くのお店に電話してみましょう。

着なくなった着物を買取に出すと、絹物全般は割合良い値段になる場合があり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。

一方で、合繊・化繊やウール着物については、本来の価格が低いですから、着物買取業者でも値付けが低かったり、断られることもあります。

リサイクルショップのほうが買取価格がつくことも多いと思います。

こればかりは仕方ありませんね。