着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物に

質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物については、扱うところとそうでないところがあるので、あらかじめ持ち込む前に聞いてみたほうが良いですね。

買取なら、中古着物専門の業者のほうが、より高い価格で買い取ってくれるので、そちらを考えてみてはいかがでしょうか。

近くにそういった店がない場合も、ネットで検索すれば簡単に見つかります。

日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。

その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは高級品に格付けされる産地の品です。

大島紬や本場黄八丈に代表される、どんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名産地の品なら買い手も多いので高額買い取りもよく耳にします。

着物の状態がいいことは前提条件で、証紙は産地、生産者証明のために必要だということはどこの業者の買い取りでも求められます。

中古着物(和服)買取って、最近では宅配便で対応してくれる業者が増えているみたいですから、形見にもらって着ない(小さい)着物を手放そうと思います。

しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、まともな業者さんに預けたいと思っています。

古物商の認可が必要らしいので、まずそこを確かめてから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

インターネットが普及した昨今では、かつてはわからなかったような情報もたやすく知ることができ、便利になりました。

ただし、それらをどう使うかは人によります。

思い入れのある着物を買い取ってもらう際は、業者のHPのほかに掲示板などの評価も参考にし、良いと思ったところの中から、複数の会社の査定を受けるようにしましょう。

複数だと競争で価格もあがりますし、良い値で売るためには、時間と手間をかけたほうが、あとで悔やまずに済みます。