着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの

古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方も多いでしょうし、今後増えるでしょう。

可燃ゴミにはしたくないものですし、価値があるなら、売ってお金をもらいたいですよね。

着物の買取専門店は何軒もありますが、友禅市場をご存知でしょうか。

全国から買取をしています。

査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。

見積りだけの利用もできます。

身近に着物を買い取ってくれる店舗がない方も、ぜひ一度検討してみてください。

伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますが手入れには本当に気を遣います。

虫干しに始まって間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、保管も桐箪笥が望ましいということで実に大変です。

ご自宅の着物の中に、もう着ないものや裄丈が合わないものがあるのなら、割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。

次に着てくれる人がいるでしょうし、お手入れの負担も少し軽くなります。

着物買取の前には必ず査定がありますが、お店に持ち込むのと、出張査定を頼むのとでは少しでもお得なのはどちらか考えると、車の買取と同じで、お店で査定してもらった方が良いです。

この査定額では納得できないという場合、出張よりは断りやすいと考えられます。

いろいろな事情で出張査定しかない場合、どこでも無料で出張査定してくれ、査定の結果に納得いかなければキャンセルできると明文化している業者に依頼しましょう。

多くの着物買取業者では、着物と帯の他にトータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締め帯揚げなどセットで売ることもできます。

それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。

襦袢は和装の下着だとみられているため着用済みだとほとんど売れないからです。

襦袢を買い取ってもらえる例として、素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは交渉次第で売れるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。