着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母が遺した着物があったので手放すことになり

祖母が遺した着物があったので手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。

祖母の形見ですが、着る人もなく誰も着ないのにとっておくのも着物の価値が目減りしていくだけだし誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、いわゆる作家ものの着物はなく、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

着ない着物が何枚かあったので、買い取ってくれる業者があると知りネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、思ったより使い勝手は良いようで、自宅で出張査定を行う業者や専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者も複数あるようです。

私にとって一番良い方法は何かと思いましたが着物の枚数は少ないので近くの専門店への持ち込みができそうなのでその場で査定から換金まで済ませたいと思います。

わが家もとうとう建て替えることになり、あらゆるものの整理を行っていたところその中で、忘れられていた昔の反物が出てきました。

奥に隠れていた割には、きれいに保管されており外から見てわかるような傷みはなくきれいなままで残っています。

着物を買い取ってくれる業者にあたってみるとこうした業者は、反物も扱っているようです。

今後もこの反物を使うことはなさそうなので、次に必要とする人のために、手放した方がいいと思いました。

伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますがその手入れには特有の手間がかかるものです。

一斉に虫干しをして和紙を挟んでから形通りに畳み、最後に桐箪笥に入れて保管しなければならず実に大変です。

そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。

眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、大変なお手入れも少しは減ることでしょう。