着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

サイズが合わない着物の買取先を探していたら、唯一の売却経験

サイズが合わない着物の買取先を探していたら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

新しくて着ずれ感がない着物などが高値になり、色あせや生地の傷みがあるときは、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、買い取ってくれなかったりすることもあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

着物の買取を検討している方にとって切実な問題は、たくさんの買取業者の中から絞り込むのに上手な決め方がわからないことでしょう。

インターネットであっという間に業者を見つけ、全国の業者と取引できるので選ぶのは却って難しいといえます。

たいていの古着屋で、着物の買取も行うでしょうがある程度着物としての価値があれば、着物買取の専門店に持ち込んだ方がいいのです。

専門店なら、着物や反物に関する知識が豊富な鑑定人に相談できるので付加価値も含めて、きちんと評価してもらえるでしょう。

質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在は取扱いのない店もありますから、持参する前にあらかじめ問い合わせたほうが無駄足にならずに済むでしょう。

もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、価値を判断した上で買い取ってもらえるので、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。

近所に心当たりがないときは、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。

いなかで家が広いせいか、着なくなった和服や小物類が実家にはたくさんあります。

中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、それなりの値段がついたので良かったです。

聞いた話では、今時の中古着物は、ある程度のシミであれば、会社お抱えの染み抜き専門家が対応するそうで、買い取ることが多いらしいです。

ただ、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。