着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

全く袖を通したことがない着物でも、必ずしも高値がつくもの

全く袖を通したことがない着物でも、必ずしも高値がつくものではありません。

一度も着用されないものであっても生地や糸は徐々に劣化していくもので状態は確実に悪くなっていきます。

使用済か未使用かではなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。

仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているといった着物がご自宅にあれば、無料査定を受けられる業者を探してください。

一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を取扱をやめた店も少なくないので、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで聞いたほうが無駄足にならずに済むでしょう。

もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、プロの目で査定してもらえ高値がつきやすいので、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。

近くにそういった店がない場合も、ネットで検索すれば簡単に見つかります。

衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物を整理したいと漠然と考えてはいたのですが、形見の品でもあるしと思うと、ついに処分できずじまいでした。

でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。

内心おどろきました。

今はブームなんでしょうか。

高額買取の例も具体的に紹介されていて、着物の買取を専門にしている業者さんというのは古着屋やリサイクルショップとは全然違うなと思いました。

とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。

着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、売れないと恥ずかしい。

そう思うのは当然です。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、素人が買取価格を予想するのは無理です。

ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。

現代の有名作家の作品なら、昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いので需要があり、業者が手に入れたいのです。