着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取の査定を受けるときにぜひ一緒に見

着物買取の査定を受けるときにぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが決められた基準を満たすことについて公に証明している登録商標のしるしです。

これを捨ててしまったり所在不明という方も実際にいますがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、なんとか探し出してください。

着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立て、振袖や訪問着などの種類と、実に多様です。

買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは織り、染めなどが有名な産地の品です。

大島紬や本場黄八丈に代表される、どんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名産地の品なら買い手も多いので査定でも高値を期待できます。

着物の状態がいいことは前提条件で、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはどの着物でも変わりません。

要らなくなった和服を買取に出すとき、値段が心配になりますよね。

ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。

ただ、中古着物の値段というのは、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。

たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。

和服専門の査定士がいるお店に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。

着物を売ってみよう、と考える方は誰でも何とかしたいと思うのは着物の価値を正しく評価した査定額かということでしょう。

果たして相場があるのか?と思うでしょうが実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第でその一枚の買取価格が決まります。

そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。

たいていのお店では無料査定を受けられますので買取を思い立ったら、一日でも早く連絡しましょう。