着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

どうにも着る機会がない着物に困っていませんか

どうにも着る機会がない着物に困っていませんか?着物は着るべき時に着るもので、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。

振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので管理も他の着物に比べ負担感が増します。

もう着ないと考えられる着物ならば専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。

仕立てなどがいいものであれば新品に近く、良い状態で保管されたものは高く売れます。

着物買取の前に査定をするわけですが、そのときその着物や反物の証紙があると、とても有利です。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで一定の基準を満たした製品であることを証明するために発行している登録商標のしるしです。

この証紙を捨てる方や言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、探して査定のときに持って行ってください。

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。

普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。

和服の中古市場では、喪服の流通は僅少だからです。

それを理解した上で、買取を希望するなら、あまり多くはありませんが、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。

大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。

着物買取でのトラブルというとやはり、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。

最初にウェブ上で業者の評判をチェックし、依頼するようにしましょう。

ちょっと手間ですが中身の写真を撮影しておくと双方の思い違いも解消できるので、安心です。