着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、買

私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、買い取ってくれる業者がないか私に相談してきたのです。

長く着ていたので傷んでいる箇所もあり買い取りできないときはどうしたらいいのかなんて心配もあるようです。

私もよくわかりませんが、売れる品でないと買い取らないだろうし、素人が見てもわかるような傷があれば、査定しても値はつかないでしょう。

そんな話をすると、友達は業者に見せるのをあっさり断念したようです。

着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、かさばるし、案外重いのでお店に運ぶのも億劫で業者はたくさんあり、どこが良心的なのかなかなか人に聞くこともできなかったのでずいぶん長い間放っておいたのです。

店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店もちょっと探せばあるようです。

ネットなどで口コミや評価を調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところをじっくり探していきます。

もう着る人のいない着物は、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。

流行り廃りのない紬の着物などは、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。

紬だけでなく、作家物や一般の友禅染の着物なども取扱対象のようです。

検討する価値はありそうです。

着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん帯に合った帯締め帯揚げなど小物も買い取りもできるので、聞いてみましょう。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

これは下着と考えられるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

例外もいくつかあります。

たとえば素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。